人間ドックの活用術!基本のキを3つご紹介

9月 26, 15 • 未分類人間ドックの活用術!基本のキを3つご紹介 はコメントを受け付けていません。Read More »

人間ドックの基本とは?

人間ドックは日帰りから2泊3泊などパックによって様々あり、施設や検査内容によって変わってきます。周期としては1年に1回検査しますが内容によっては2~3年に1度推奨になっている検査もあります。飽く迄も病気の発見が目的なので既に確定している病気の重篤度などを検査する事には向いていません。X線検査などで異常が見られた場合に前回と比較出来れば不要な検査などをしなくて済むので出来れば前回と同じ施設で検診できればベストです。

検診前日の注意点とは?

検査は試験とは違いますので普段通りの生活をして検査に臨み、検査に向けてだけの俄か健康体を目指しても意味がありません。病気療養中の人は検査前の受付で既往症や服用している薬剤について連絡しておきます。罹り付けの医師にも「何月何日に人間ドックを受診する」と伝え、薬剤を中止しなければいけない場合もあるので中断して良いか最終判断を受けておきます。食事や飲み物の制限を必ず守り、他の施設で検査した結果票があれば持参します。

人間ドックと健康診断の違いは何?

健康診断は年に一回の義務ですが、人間ドック自体は法的に義務化されていません。但し人間ドックの検査内容が健康診断の内容よりも細かく項目も多いので二重に検査せず、年齢や企業体制によって違いますがそれぞれで選択します。若い年齢層では精密な検査よりも基本的な内容で定期的にチェックする程度で大丈夫ですが30代以降は生活習慣の影響が大きく現れるので人間ドックが推奨されます。費用も人間ドックがより高い金額になるので自分に合った検査を選びます。

人間ドックを横浜で受けることによって、体の健康状態もしっかりと検査して病気の早期発見が可能になります。

Comments are closed.