うつ病の原因となってしまった場合の対処法とは!?

6月 19, 15 • 未分類うつ病の原因となってしまった場合の対処法とは!? はコメントを受け付けていません。Read More »

うつ病の原因とは何か?

うつ病の人が増えていますが、現在のところうつ病の明確な原因はわかっていないのです。脳の神経の伝達物質の対処が悪くなるとなりやすいといいますが、それがうつ病とどのようにつながっているのかははっきりとはわかっていません。ただ、うつ病になりやすい人の傾向というのは間違いなくあります。それは、まじめに考える人で、例えば、仕事を100%完璧にこなさないと気が済まない人などで、生真面目な人が多いようです。つまり、思うようにいかなくてそれがストレスになってしまう人がうつ病になりやすいわけです。

うつ病を治すための方法とは

うつ病を治す方法も明確にはなっていませんが、いくつか方法があります。一つは、自分を見つめ直す方法で、自分の過去を振り返り、今の自分を見つめることで自分を客観的に見ることができるのです。もう一つはできるだけ家にこもらずに外に出ることです。バイクに乗ったり旅行に行ったりと外に行くことを趣味にするというのもいいかもしれません。後は薬をしっかり飲むことで、これによって完治するわけではありませんが、一時的にでも気分は高揚するはずです。

うつ病の反動にも気を付けよう

うつ病が深く落ち込んだりしてネガティブな感情が前面に出てしまうことだとしたら、その真逆に気持ちを振ることでうつ病は効果的だと言われています。例えばスーパーポジティブと言われる人がいますね。例えば、車が壊れてもそこで落ち込むのではなく新しい車が買えるからラッキーだと考えるような人です。このように反対方向に気持ちを向けることで、プラスとマイナスが0になるため、バランスが取れるようになるのです。ただし、人はプラスとマイナスのバランスの中で生きていますので、あまりポジティブになりすぎるのも危険で、ややポジティブぐらいから始めると反動も少なくてどーんと落ち込むこともなくなるでしょう。

うつの診断としては問診が一般的です。しかし、現在は問診の他にも血液検査や光トポグラフィー検査も行なわれています。問診の他にこれらの検査をすることにより、診断の精度が高くなることが期待されます。

Comments are closed.